2014年05月13日

ジェレミー・レナー主演「ボーン・レガシー」続編に気鋭の脚本家が参加 (Japan:2014/05/12)

たぬき様に教えていただきました(ありがとうございます♪)『ボーン・レガシー』続編の脚本化決定のニュースを映画comさまから:
bourne_legacy_large.jpg

ジェレミー・レナー主演「ボーン・レガシー」続編に気鋭の脚本家が参加
2014年5月12日 17:10
人気シリーズ続編の脚本家が決定「ボーン・レガシー」人気シリーズ続編の脚本家が決定
[映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズ製作、ジェレミー・レナー主演作「ボーン・レガシー」の続編の脚本家として、新鋭アンドリュー・ボールドウィンが起用されたと米ハリウッド・レポーターが報じた。

ボールドウィンは、リメイク版「2300年未来への旅」や、戦後日本のヤクザ社会を生きるアメリカ人を描く「The Outsider(原題)」(2011年ブラックリスト入り)、イドリス・エルバ主演予定のスリラー「Bastille Day(原題)」などの脚本を手がけているが、いずれの作品もまだ準備段階にある。

タイトル未定の続編には当初、「シャーロック・ホームズ」「インビクタス 負けざる者たち」のアンソニー・ペッカムが決定していたが、ボールドウィンがペッカムの第1稿をリライトするかたちになるという。

「ボーン・レガシー」は、ロバート・ラドラム原作、マット・デイモン主演の人気スパイアクション3部作(「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」)の世界観を引き継ぎ、ジェイソン・ボーンの戦いの裏側で繰り広げられていた、もう1人のスパイ、アーロン・クロスの物語をレナー主演で描いた。

続編には、レナーが引き続き主演。前作のトニー・ギルロイ監督に代わって、「ワイルド・スピード」シリーズ第3〜6作を手がけたジャスティン・リン監督がメガホンをとる。その他のキャストや詳細は未定。2015年8月14日の全米公開が予定されている。
posted by dovescookies at 12:45| Comment(2) | The Bourne Legacy Sequel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Wow!(゜▽゜)
Jeremyの『ボーン・レガシー』続投が、より現実的になるニュースですね!(゜▽゜)
全米公開予定も立っているのは、かなりの前進ではないでしょうか???o(^-^)o
しかし、前回もですが、Avengersシリーズと、撮影&公開予定が近いというのは、偶然なのでしょうか???(^^ゞ

日本でのAvengersプレミアは難しいでしょうから、せめて、『ボーン・レガシー』続編で、また来日してくれないかと、気の早い期待をしてしまいます!(#^.^#)

Posted by Ayako at 2014年05月13日 15:30
Ayakoさま

本当に現実になってきましたね♪
前回も日本公開が『アベンジャーズ』『ボーン・レガシー』は連続のジェレミー祭りでしたから、そういうサイクルなのかも。
うんうん、『ボーン・レガシー』続編での再来日に期待したいですね!
Posted by 鳩さぶれ at 2014年05月15日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。