2014年07月20日

Jeremy Renner was interviewed by a Canadian morning radio show (Canada:2014/07/18)

ライブでお聞きになった方もおられると思いますが、ジェレミーがカナダの朝のラジオ番組でインタビューを受けましたので、覚書までに。(アイさま、お知らせありがとうございます!)jeremy-radio-01.jpg


ジェレミーの生声はこちらから⇒WAKE UP
posted by dovescookies at 16:04| Comment(5) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

Jeremy Renner at Soccer Aid 2014 (UK:20214/06/17)

お久しぶりでございます。
気候に応じて、変幻自在に体調を崩しておりまして、失礼いたしました。
はい、「Soccer Aid 2014」のインタビューを今頃、UPさせていただきます。

一つ目は、『アバター』の主演サム・ワーシントンと受けているものです。サムも好きなので、悶絶死しました(笑)



こちらもまたサム・ワーシントンと、「glee/グリー」のマーク・サリングんとのインタビュー

男子って、勝負ごとが大好きですよね♪
みんなのひとみが輝いているのが素敵です♪♪

posted by dovescookies at 23:03| Comment(2) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

Jeremy Renner Talks Narrating 'The World Wars,' Guest Starring on 'Louie,' and Flipping Homes (USA:2014/05/21)

ジェレミーが忙しい合間をぬってナレーションを担当したヒストリー・チャンネルの「The World Wars」の放送を控え、ジェレミーがYahooさまのインタビューに答えました。


jeremy-yahoo.jpg

インタビューは以下からどうぞ。



Read more.....
posted by dovescookies at 17:30| Comment(8) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

Q&A: Jeremy Renner on Chris Evans and Hawkeye’s Bigger Role in ‘Avengers 2′ (USA:2014/03/28)

現在黙々とイタリアで『アベンジャーズ2』撮影中のジェレミーですが、米エンタメ情報サイト「Variety」さまが、インタビューを試みました。


jeremy_renner_avengers.jpg

インタビューは下からどうぞ



Read more.....
posted by dovescookies at 15:19| Comment(0) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

Modesto’s Jeremy Renner talks film, fatherhood and franchises (USA:2013/12/19)

ジェレミーの出身地の情報サイトに、ジェレミーのインタビューが載りました。とても興味深い内容なのですが、訳してる時間が今は取れないので、取り急ぎご紹介を。
インタビューはRead more..からお読みください。

Modesto’s Jeremy Renner talks film, fatherhood and franchises (The Modest Bee:2013/12/19)

jeremy-ah-000.jpg

Read more.....
posted by dovescookies at 15:55| Comment(0) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

Jeremy Renner Reveals He Likes His Girls "Masculine" (USA:2013/11/07)

【追記】ジェレミーのインタビューの続気が公開されていました(汗)
なので、へっぽこ翻訳を追記いたしました。

*****
 

女性総合誌「ELLE」の最新号(電子版)にジェレミーのインタビューが掲載されました♪
久しぶりですね〜、ジェレミーのインタビュー(単に管理人がサボっているだけともいう)

Jeremy Renner Reveals He Likes His Girls "Masculine" (ELLE:2013/11/07)

elle-jeremy-renner-de-mdn.jpg

インタビューの和訳は以下からどうぞ!

Read more.....
posted by dovescookies at 16:55| Comment(8) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

Famke Janssen @ talks a little bit of "Hansel&Gretel: The Witch Hunters" (USA:2013/06/28)

『96時間』シリーズや『X-MEN』シリーズのFamke Janssenさんが『ヘンゼル&グレーテル』について話しているインタビューがありましたので、コネタでご紹介します。

Famke Janssen: Hugh Jackman Worked Out Between Takes During Wolverine Filming (US Weekly:2013/06/28)
hansel19.jpg

Q:『ヘンゼル&グレーテル』で魔女を演じた気持ちはいかがですか?

F:私はオランダで生まれたから、そういう話と一緒に育ったも同然なの。役どころは、とっても魅力的とはいいがかったのね、正直なところ。でもジェレミーと仕事を一緒にできたのが素晴らしい経験だったわ。あの醜いメイクアップを施した自分を鏡で見て、毎回笑わずにいるのが大変だったわね。あの特殊メイクはすごいお仕事だと思うわ。

****

ということで、ジェレミーと仕事ができるから、あの役を受けたともとれるお答えでうれしさが、こみ上げますね。
注文したイギリス版がまだ届かず、ちょっといらっときている管理人でありました。特典映像にも日本語字幕がついているということで、特典は日本版と同じのようです。少し静かに待ちます。。。。

posted by dovescookies at 00:00| Comment(4) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

Jeremy Renner releases his inner child (USA:2013/01/20)

今年の1月に美月さまからお預かりしていたサンフランシスコ・クロニクル紙のサイト「sfgate.com」に掲載されたインタビューをやっと翻訳する時間ができたので、へっぽこ翻訳で、恐縮ですが、お楽しみください。ちょうど『ヘンゼル&グレーテル』が全米公開される直前のインタビューです。(美月さま、本当にありがとうございます!)

Jeremy Renner releases his inner child (sfgate.com:2013/01/20)

hansel&gretel.png

インタビューはRead more....からどうぞ ↓

Read more.....
posted by dovescookies at 15:57| Comment(12) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

Jeremy Renner @ talking about "Hansel&Gretel: Witch Hunters" to flicksandbits.com(USA:2013/02/17)

ジェレミーが新作『ヘンゼル&グレーテル』について米映画サイト「flicksandbits.com」に語ったインタビューをご紹介します。

Jeremy Renner Interview For ‘Hansel & Gretel: Witch Hunters’ (flicksandbits.com:2013/01/17)

jeremy-renner-gemma-arterton-hansel.jpg

renner_hansel_still_0024.jpg


インタビュー:ジェレミー・レナー

Q:ヘンゼルとグレーテルが子供さらいの魔女の元から逃げ出して15年たち、凄腕の魔女ハンターになっているという設定なんですよね。


J:ああ、ヘンゼルとグレーテルは賞金稼ぎになってるんだ。もちろん兄妹は魔女が大嫌いだからね、正当な理由だよね?(笑)僕らにとってヘンゼルとグレーテルが深い絆で結ばれているということが非常に大切な要素で、幼少時代の悲劇から立ち直り、二人だけになっているというところが重要なんだ。両親はいないし、魔女たちは彼らを捕らえて食おうとするし、ヘンゼルとグレーテルが賞金稼ぎになったのは、そういった個人的な怒りや痛みから必然的になったわけで、その上で人々の役に立つことをしようと思っているんだ。

Q:兄と妹という関係の強さが常にアクションの中心になっているように見えますが、あなたにとってその絆の深さはどういう感じでしたか?


J:もちろん強く感じるものだったね。もっと沢山現せていると思いたいな。僕にとって面白かったのは、キャラクターを演じるにあたってとても掘り下げられる要素が多くて、そのおかげで、二人の関係と絆を築く上でいろいろな演技ができたことが、素晴らしかった。脚本を読んだ時、まず頭に浮かんだのは「この作品がまだこの世に出てないなんて信じられない」ってことだった。いろいろな可能性を持った素晴らしいアイディアだったし、二人の関係というのは重要な要素だったしね。トミー(監督)が、キャラクターを深堀りできるスペースを役者に与えてくれたのは嬉しかったよ。


Q:脚本を読む前に1枚の原稿があなたの関心を引いたと聞いたのですが。


J:ああそうなんだ。最初に興味を引いたのは一枚の原稿だった。脚本を受け取るずっと前のことなんだけど、それは映画のラストシーンの部分なんだ。ヘンゼルとグレーテルが燃え盛る背景をバックに立ち去るシーンで、ヘンゼルはショットガンを、グレーテルはボウガンを持っていて、とにかく立ち去っていくという絵コンテだったんだよ。なぜだか分からないんだけど(笑)それがすごく僕の関心を引いたんだ。そして実際、映画を撮影してみて、それが想像していた以上のシーンになったんだよ。


Q:Gemma Artertonさんとの相性はいかがでしたか?


J:Gemmaは間違いなく、素晴らしい宝石みたいな女優だよ!僕らは彼女がグレーテル役を引き受けてくれたのはラッキーだと思っている。ほかにも沢山素晴らしい女優たちがこの役をやりたがっていたんだよね。決まるまで長く時間がかかったけど、本当に面白い映画というのは適役がいないと・・・。とにかく僕らは彼女がもたらす演技の重みというのかなんと言うのか、それがあるっていうのがすごいと思ったんだ(笑)それから僕らの間は、すでに何か絆みたいなものができてて、とてもナチュラルな感じだった。本当にGemmaが出演してくれてこれほどラッキーなことはなかったね。彼女はグレーテルに素晴らしい深みを与えてくれた。素晴らしい女優だよ。


Q:映画の中にはすごいアクションシーンの連続がありますが、無敵の魔女たちと戦うすべてのシーンがものすごい迫力でした。アクションシーンについてはどう思いますか?それからシリアスさとユーモアの絶妙のミックスが描かれていますが、それについてはいかがでしょうか?


J:本当に骨の折れる難しいアクションシーンの連続だったね。この映画のほかの映画との大きな違いのひとつは、普通はヒーローがすべての戦いに勝つんだけれど、ヘンゼルとグレーテルは、何度も魔女たちにしてやられるってことなんだ(笑)顔をはたかれるなんてことは毎日起こったよ。でも楽しかったね。トミーは映画すべてのトーンをすごく重厚なものにしているし、あなたが言うようにシリアスさとおかしさの絶妙なミックスがあって、それがこの映画のアドベンチャーたる部分を作っていると思う。それからトミーについて言うと、僕はいつも彼にたとえば「オーケー、いいテイクが撮れたとか、いい意見だね」とか耳打ちして、彼を微笑ませたいと思ってたんだよね。彼はとても優しく話す人で、無口なんだ。だけど、現場に行くと彼の命令は絶対だし、自分が何を求めているかを完璧に把握している。彼自身の脚本だから、どうあるべきかを分かっているんだよね。


Q:多くのアクションシーンがCGでなく実際に撮影されたわけですが、魔女たちは義手や義足のようなものをつけていますよね。それについてこの作品全体をみて、どう思いましたか?


J:ほとんどのアクションシーンが実際に演じたものなのは確かだよ。魔女が空中を飛ぶのもね。とにかく実写なんだ。ワイヤー・アクションなんだけど、すごかったよ。それから、僕がPihla(村の女性?)と一緒に山の頂上から降りるところでは、彼女とマシンガンをおいて、60人もの魔女が待ち受けている場所に降りるんだ。岩場は、70から50フィート(21から15メートル)あって、すごい距離なんだけど、僕は飛んでくる魔女たちをショットガンで撃ちながら、降りるんだよ。彼女たちは全部ワイヤー・アクションで飛んできてる。まるで真っ暗な部屋の電気をつけたら、ゴキブリたちがぶうんと飛び散るみたいな感じだった。一番面白いシーンだと思うよ。あんなのほかにないね。今思い出してもくすくす笑ってしまうよ(笑)


Q:それじゃあ撮影現場は楽しかったんですね。


J:もちろん!あの環境の中で、魔女がいる森を作り出し、ほとんどのシーンをCGなしで撮影したわけだからね。だから現場に慣れるのも大切だった。実際、撮影が終わっても離れたくなかったくらいだったよ。Augsburg(ドイツ・バイエルン州の都市)の周りをレザー・コートで歩き回ったり、乗馬したり、ショットガンを肩からぶら下げたり、森になってるリンゴを木からもいで食べたり、「ここに住んでもいいな。素敵だ」(笑)なんて思ったりしたよ。それからとても古いパブがあって、美味いビールが飲めるんだ。なんだか分からないけど、すごく原始的lな感じで、とにかく気に入ったよ。

****

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『アベンジャーズ』『ボーン・レガシー』と続いた超大作の後でのドイツだけに滞在した撮影?で、かなり現場を楽しんだようですね。住んでもいいほど素敵な森の中で、死闘が繰り広げられるのかと思うと、やっぱり見ずにはいられません。


posted by dovescookies at 23:09| Comment(13) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

Jeremy Renner @ talking about "Hansel&Gretel: Witch Hunters"

まだまだジャンケット・インタビューは続きます。

Deco Drive


Jeremy Renner and Gemma Arterton interviewed about Hansel and Gretel (Deco Drive) from jeremyleerenner on Vimeo.

MTV Blog

'Hansel And Gretel: Witch Hunters' Stars Give Tips For Aspiring Badasses from jeremyleerenner on Vimeo.
Source:jeremyleerenner.com with many thanks:))

posted by dovescookies at 21:00| Comment(0) | Interviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする